船舶免許の更新・失効

  • TOP
  • 船舶免許の更新・失効

船舶免許の更新について

操縦免許証の更新制度は、身体適性及び知識・技能の再確認を行うことにより、船舶の安全航行を確保しようとするものです。
操縦免許証の有効期間は5年で、更新手続は、有効期限の1年前から行うことができます。
有効期限が切れた場合、その操縦免許証で船長として乗船することができません。
このような場合は、失効再交付講習を受講して、操縦免許証の再交付を受けることで再び船長として乗船することができるようになります。

更新の条件について

操縦免許証を更新するには、身体適性基準(操縦試験の身体検査基準と同じ。ただし色覚の部分を除く)を満たし、同時に次のいずれかの要件を満たしていなければなりません。
1.登録講習実施機関(当協会等)の行う更新講習を修了していること。(身体検査も講習と併せて行っています)
2.5年の間に、船長として1ヶ月以上の乗船履歴があること。(詳しくは最寄りの運輸局等へお問い合わせ下さい)
3.前項の乗船履歴がある者と同等以上の知識及び経験があると、地方運輸局長が認める職務に一定期間従事していたこと。(詳しくは最寄りの運輸局等へお問い合わせ下さい)

失効再交付について

免許の有効期限が切れた場合、その免許では船長として乗船することができません。
有効期限が切れた免許は「失効講習」を受講することによって再度有効にすることができます。
・失効講習の受講時間は約3.5時間ほどです。
・失効講習は試験ではありません。
・講習終了後は清水海事代理士が新しい免許の交付申請を行います。

失効講習の流れ

その1

お手元にある免許の有効期限を確認してください。

その2

免許記載事項の変更が無いか確認してください。
記載事項と住民票を照らし合わせて何らかの変更がある場合は「訂正申請」が必要となります。

その3

失効講習日程と会場を選び、講習をお申込みください。

その4

お申込み完了後、当社よりご連絡いたします。

その5

必要書類一式を講習日の10日前までに当センターに到着するように発送してください。

その6

失効講習受講
※受講当日に普段メガネや補聴器など使用している場合は会場にご持参ください。

その7

講習終了後、5日~10日で新しい免許を送付します。
※お受け取りの際に、配達員に講習料金をお支払いください。